滋賀の弁護士による事業者の破産・倒産無料相談

草津駅前法律事務所

個人事業・会社の破産・倒産相談

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1F

事業や中小企業を経営されている方の、破産や事業の整理に関する滋賀の弁護士による無料相談窓口です。
個人事業主、中小企業経営者の破産等に関する個人面談相談は無料です。

無料面談相談実施中

お気軽にお問合せください

無料面談相談予約ダイヤル

077-565-8955

ご家族への影響

保証人でなければ、ご家族に請求はいきません。

   ご家族が、負債の連帯保証人や連帯債務者になっていなければ、ご家族に会社や事業主の負債の支払義務はありません。したがって、ご家族に請求はいきませんし、請求することは違法です。

 

   連帯保証人になっていないのであれば、ご家族が破産をする必要もありません。

弁護士が窓口になり、請求や督促はとまります。

   事業停止と同時に、弁護士が各債権者に対し、「今後の窓口は全て弁護士になる。代表者や家族には一切連絡をするな」という通知(受任通知)を発送します。

 

   したがって、自宅への来訪や督促が続くということは無いと考えてよいでしょう。

 

   ただし、親族からの借り入れがある場合や、債権者が近所にいる場合などには、どうしても来訪等を防ぎきれない場合があります。その場合の対応も、弁護士とよく協議をしましょう。

家族名義の財産は取られません。

   生きている親名義の自宅や、妻名義の車、子ども名義の預貯金など、会社や代表者(※代表者も破産する場合)以外の人の名義のものは、原則として取られることはありません。

 

   もっとも、破産状態になってから、家族に名義を変更することは違法であり、破産管財人に取り戻されますので、注意が必要です。

子どもの学校等への影響はありません。

   破産をしても、子どもの学校への通知などはありませんし、私学であっても、学費さえ支払えば、そのまま通学することは可能です。

 

   ただし、学費の滞納がある場合、債権者として通知が必要になりますので、注意してください。

自宅からの退去が必要な場合があります。

   以下の場合には、自宅から退去する必要があります。

・自宅が持ち家で、会社の借入先の抵当権が設定されている場合。

・自宅が代表者(事業主)名義で,代表者(事業主)も破産する場合。

・賃貸物件で、契約者が破産をし、家賃の滞納がある場合。

 

   ただし、退去まで、ある程度の猶予をもらうことができる場合もありますので、弁護士にしっかりと相談をされることをお勧めします。

このページを見ている方は、下記のページもよくご覧になっています。

無料法律相談予約はこちら

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00
(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

個人事業主・会社の倒産・破産無料相談/滋賀の弁護士(草津駅前法律事務所)

ご相談はこちら

お電話でのお問合せは
こちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一
(滋賀弁護士会所属)

中小企業の社長や、個人事業主の、破産・倒産に関する相談はお任せください。

弁護士プロフィール

当事務所関連サイト

このサイトを運営する法律事務所のメインサイト。

滋賀の弁護士/草津駅前法律事務所

交通事故被害者のための無料相談HP。

滋賀の弁護士の交通事故無料相談

当サイトを運営する弁護士のブログ。平日ほぼ毎日更新中。

滋賀県草津市弁護士ブログ